僕の頁 <SASと臨床試験と雑談と>

徒然なるままにSAS暮らし

0130

SGANNOによるSGプロシジャのAnnotate機能(テキスト出力)  

SAS9.3から使用可能になったSGプロシジャのAnnotate機能でテキストを出力してみます。以下では、IDごとの値(VAL)を棒グラフで出力し、padオプションで右側にスペースを設定します。SGANNOオプションでそのスペースにIDに対応した変数GRPの値を出力しています。functionにtext、X軸の出力座標はx1space = "graphpercent"でパーセントを指定します。
*** TEXT挿入の例 ;
data aaa ;
input ID @@ ;
VAL = round(rannor(100),.1) ;
GRP = (mod(ID,2)=0) ;
*--- annotateここから ;
function = "text" ;
label = put(GRP,best.) ;
y1space = "datavalue" ;
y1 = ID ;
x1space = "graphpercent" ;
x1 = 90 ;
textcolor = "black" ;
textweight = "normal" ;
anchor = "right";

cards;
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
;
run ;
*** padで右側を空けてannotateデータセットを出力 ;
proc sgplot data=aaa pad=(right=25%) sganno=aaa ;
hbar ID / response=VAL ;
run ;

結果は以下になります。赤枠で囲まれた部分がSGANNOオプションで出力したGRPの値です。
SG_Anno.png
Annotateは有用な機能ですので他のオプションも随時紹介したいと思います。

スポンサーサイト

Posted on 2014/01/30 Thu. 01:04 [edit]

CM: 0
TB: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪れた人

▲Page top