僕の頁 <SASと臨床試験と雑談と>

徒然なるままにSAS暮らし

----

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

0212

レポートで値によって動的にセルの背景色を変える方法  

データの値によってレポート内のセルの背景色を変える方法を紹介します。
既に当たり前のように使用されている機能ですが、備忘録的にメモを残して
おきます。有害事象の発現率や症例数設計の検出力、相関係数の高い値を
強調する等、様々な場面で活躍してくれる有用な機能です。

プログラムの流れは以下になります。
・値によって背景色を変えるフォーマットを作成する。
・レポート作成プロシジャのstyleステートメントで作成したフォーマットを適用する。

ここでは、副作用とその発現率のデータが得られたと仮定して、5%以上のセルの背景色を赤に、
5%未満は青色にするフォーマットを作成してREPORTプロシジャで適用しています。

*** 副作用データ ;
data _AEPCT ;
input AE $ PCT ;
cards;
感冒 10.2
下痢 8.3
頭痛 5.3
肺炎 0.5
骨折 0.2
;
run ;
*** 動的に色分けを行うためのフォーマット ;
proc format ;
value _BCGF low -< 5.0 = "blue"
5.0 - high = "red" ;
run ;

*** styleオプションで色分けのフォーマットを変数PCTに適用 ;
ods listing close ;
ods pdf ;
proc report data=_AEPCT nowd ;
column AE PCT ;
define AE / display ;
define PCT / display style(column)={background=_BCGF.} ;
run ;
ods pdf close ;
ods listing ;

結果は以下になります。データが更新されてもプログラムを変更する
必要もないので非常に重宝する機能です。
report_color.jpg

スポンサーサイト

Posted on 2014/02/12 Wed. 23:09 [edit]

CM: 3
TB: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪れた人

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。