僕の頁 <SASと臨床試験と雑談と>

徒然なるままにSAS暮らし

0228

call symputとcall symputx  

後輩と話をしていたときの小ネタです。call symputとcall symputxの違いは、
symputxが前後のスペースを削除した上でマクロ変数に値を格納することですが、
数値をそのままマクロ変数に格納しようとした場合、symputはログに数値を文字値
に変換したことが出力されますが、symputxではそれさえも出力されなくなります。
内部で変換についてどのような違いがあるのかはわかりませんが、とりあえず
スペースも消してくれるし、新しいほうのsymputxを使っておけば問題なさそう
といった感じでしょうか。
data TEST ;
X = 15 ;
call symput("XM",X) ;
run ;
%put *** &XM *** ;

data TEST ;
X = 15 ;
call symputx("XM",X) ;
run ;
%put *** &XM *** ;

ログ画面は以下になります。symputxではNOTEも出力されず、
かつスペースも削除されていることが確認されます。
symputx.png
スポンサーサイト

Posted on 2014/02/28 Fri. 00:23 [edit]

CM: 0
TB: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪れた人

▲Page top