僕の頁 <SASと臨床試験と雑談と>

徒然なるままにSAS暮らし

0319

平均値のプロット(投与群ずらし)  

臨床試験では、経時的に測定されたデータについて、平均値・SDのプロットを
描画することが多々ありますが、9.3リリース前は各Visitの値を投与群ごとに
ずらしたデータを作成して描画する必要がありました。9.3からは、SGPLOT
プロシジャのgroupオプションとgroupdisplayオプションを使用することで簡単に
描画できるようになりました。知ってる人にとっては大したことない話ですが
個人的にすごく欲しかった機能なので備忘録として。
※注意点ですが、9.3_M1の場合は、HotfixのF98009の適用が必要です。

プログラムですが、SGPLOTプロシジャのvlineステートメントで、
group=投与群変数 groupdisplay=clusterを指定します。

*** テストデータ作成 ;
data _TEST ;
call streaminit(100) ;
do ID = 1 to 90 ;
GRP = rand("table",1/3,1/3,1/3) ;
do VISIT = 1 to 5 ;
VAL = rand("normal",10+(VISIT>1)*GRP+(VISIT>1)*0.5*GRP*VISIT,5) ;
output ;
end ;
end ;
run ;
*** 投与群をずらして平均値/SDプロット ;
proc sgplot data=_TEST ;
vline VISIT / response=VAL group=GRP groupdisplay=cluster
stat=mean limitstat=stddev limits=both
markers markerattrs=(symbol=circlefilled) ;
xaxis type=discrete ;
run ;


テストデータは、3群でVisit1からVisit5までのデータが格納されています。
testdata.png

結果は以下になります。各時点のプロットが投与群ごとに少しずつずれて
出力されています。いや~、このオプションはマジでイケてます♪
groupdisplay_meanplot.png

Posted on 2014/03/19 Wed. 00:21 [edit]

CM: 3
TB: 0

« dosubl関数(call executeの兄弟)  |  肥満症治療薬の開発についての独り言 »

Comments

これいつの間に出来るようになっていたんですね!
すごい欲しかった機能でした!

こちらのブログとSASYAMAさんがやっている「データステップ100万回」は毎回勉強になる内容で、すごく参考になります。

ご迷惑でなければ、私もSASのブログをやっていて、あまり役に立つ内容ではないですが、
こちらのブログをお気に入りブログとしてリンクさせて頂いてもよろしいでしょうか??

amatsu #- | URL | 2014/03/20 11:37 * edit *

Re:

もったいないお言葉ありがとうございます。こんな拙ブログで良ければ何なりと。こちらもamatsuさんのブログをこっそりチェックさせて頂いておりますがリンクさせて頂いてもよろしいでしょうか?

SASNami #- | URL | 2014/03/20 22:36 * edit *

ありがとうございます!
早速リンクさせて頂きました!
こちらこそリンクして頂けるなんて嬉しいです、よろしくお願いします!

amatsu #- | URL | 2014/03/21 10:11 * edit *
Post a comment
Secret

Trackbacks
TrackbacksURL
→http://sasboku.blog.fc2.com/tb.php/35-b524c9c7
Use trackback on this entry.

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪れた人

▲Page top