僕の頁 <SASと臨床試験と雑談と>

徒然なるままにSAS暮らし

----

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

0913

SAS OnDemand for Academics - 続・ついにSASが無料で利用できる時代に -  

以前SAS University Edition(通称SAS雲丹)でSASを無料で利用する方法を紹介しましたが、今回はよりお手軽な方法を紹介します。データステップ100万回の人やSAS忘備録の人がオタク同士でつぶやいていたので、あの連中が褒めるぐらいだからどんなもんかと触ってみたら、これはとんでもないブレークスルーになるのではと感じたので代わりに宣伝(?)させて頂きます。そのうち便利な使い方等、あの人たちもブログでそれぞれ紹介してくれることでしょう。

今回紹介するパッケージの名称は「SAS OnDemand for Academics」で、クラウド上でSAS Studio等を無料で利用できます。利点は、SAS雲丹のように面倒なインストール作業や更新作業が不要だということです。さらに、クラウド上で使用するので、これまでハードウェア側に求められていた少々厳しい要件がインターネット環境、つまりブラウザさえあれば良いという条件のみになるので、圧倒的に敷居が低くなり、非力なスペックのタブレットでもサーバー側でサクサクSASを動かすことができるようになります。OSの制限もなくなるため、iPadだろうが、「Pro」や「64bit」じゃないWinタブだろうが、IEやSafariさえあればどこからでもSASを動かすことができます。

まー細かいことはさておき、導入までの流れを整理しておきます。

こちらでユーザー登録をします。
②メールが送信されてくるので、登録したユーザーアカウントでこちらからControl Centerにログインします。
③ログイン後、SAS OnDemand for Academicsのメイン画面で「SAS Studio」をクリックします。少し時間が掛かりますが、SAS Studioのメイン画面に遷移します。

SAS_OnDemand_00.png

SAS Studioのメイン画面は以下になります。あとはSAS Studioが普通に使えます。直にプログラムコードを記述できるし、便利な統計・グラフ関連の機能も使用できます。各機能についてはおいおい紹介させて頂きます。いや~、これまでのことを考えるとブレークスルーですよ、これは。
SAS_OnDemand_04.png
スポンサーサイト

Posted on 2015/09/13 Sun. 00:28 [edit]

CM: 4
TB: 0

« CDISC International Interchange 2015@Chicago  |  bubble plot (バブルプロット) »

コメント

統計解析やDMの就職について

はじめまして。大学院で経営工学系の統計の研究室に所属しているM1のものです。
これから就職を考えるにあたって統計を使う職業の中でも製薬メーカーの統計やDM職に興味が有るのですが、医療統計や生物統計、もしくは数学科出身でないと厳しいのでしょうか?
また、研究ではRを使っているのですがSASやSQLを就活時点である程度使えないと厳しいのでしょうか?(厳しいならばどの程度使えれば良いかも教えて下さい。)
いろいろネットで調べてみてはいるのですが、あまりにも情報が少なすぎて困っているのでよろしくおねがいします。

理系修士 #eYj5zAx6 | URL | 2015/09/20 20:08 * edit *

Re: 統計解析やDMの就職について

はじめまして。ブログをご覧いただきありがとうございます。

製薬メーカーの統計担当者としての仕事ですが、基本的にSASを使用することになります。SASは製薬メーカーでは世界標準で使用されているソフトになりますので、これは仕方がありません。ただ、就職前に必ず習得が必要かと言われるとそんなことはありません。事実、私も大学では物理系出身でC言語しか使用したことがなく、生物統計も素人でした。SASは会社で、生物統計は同僚に教えてもらいつつ独学といった感じです(ご存じでしょうが、「わしの頁」で日々勉強しました)。大事なことは、ソフトはなんでもいいので、就職前に可能な限り統計学を学ぶことだと思います。

大学院で勉強されている方がDM職に興味があることに逆に興味がありますが、今後全世界でDM担当者は重要な役割を担うことになります(製薬業界にはCDISCというキーワードがあるのですが、それはまた会社に入ってから勉強してください)。ただ、こちらも、もちろんデータベースを扱う上でSQLを習得しているにこしたことはありませんが、会社に入ってからも十分に勉強できるものだと個人的には考えております。

就職活動、頑張ってください。

SASNami #- | URL | 2015/09/20 21:23 * edit *

ご回答ありがとうございます。勉強になります。

>大学院で勉強されている方がDM職に興味があることに逆に興味がありますが
まだ統計解析とDMの違いについて理解が不十分(DMが固定したデータを解析担当が解析するくらいの理解です)なのでなんとも言えないところがありますが、どちらかと言えば統計解析に興味があります。DMの方は学部卒の方が多いのでしょうか?調べたところ統計・DMは理系修士以上での募集が多い(一部理系学部卒可の会社もある模様)です。

理系修士 #eYj5zAx6 | URL | 2015/09/21 20:15 * edit *

Re: タイトルなし

確かに最初からDMで入社する方は少ないかもしれませんね。今後は増えると思いますが。。DMに必要とされるスキルは、データ管理に関する知識や臨床試験でのデータ収集に関する知識です。これは入社してから磨くしかない部分が結構多いと思います。統計解析は専門的な知識が必要ですので、求められるものは異なります。ただ、DMと統計は日々顔を突き合わせて仕事をする間柄ですので、切っても切れない関係であることは間違いありません。

SASNami #- | URL | 2015/09/21 23:49 * edit *
コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://sasboku.blog.fc2.com/tb.php/64-2f23856c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪れた人

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。